--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.08.31 15:45

今日31日(月)から子供達は2学期の始まりです
2学期は行事が多くバタバタしそうです

ところで昨日30日(日) 実母が子供達と出かけると数日前決めたので
あれこれ考えた結果、やっぱり行きたいなぁと行ってきました

京都市美術館にて ルーブル美術館展(17世紀ヨーロッパ絵画)
        ルーブル展美術館
たわいもない理由で出足が遅れたのと日曜だった為だと思いますが、入場制限をしていて
入場も30分並びました いつも平日なので並んで入るのは初めて
でも丁度お昼時だったのでこれくらいだったのでしょうね
私達の後ろに並んだ人は「前2時間並んだからまだまし」
なんて言われてましたアップロードファイル

どう見ても絵には見えない、写真のような絵に毎回の如く感嘆したり
離れて見ないと全体像が分からない大きなものもあって圧倒されたりでした
時代背景が戦争を挟んでいるため、戦争、裕福、貧困、飢餓等の絵もありましたが
悲惨さを感じさせない絵になっていました

思わず声を出してしまったのが“ルーベンス”の絵びっくり
あの“フランダースの犬”の主役ネロが常々見たいと願っていて
亡くなる直前願いが叶った画家の絵です
ルーベンスの本物と感激しましたうわぁ・・・
ルーブル展はがき絵のうんちくは全くありませんが
見に行けて良かったです

いつも買ってしまうのはハガキ
コレクションになりつつあります

今回はこちらです
㊤ルーベンス㊦㊧ドルチ
㊦㊨フェルメール



実は当日券を買うつもりだったのですが
実母が招待券をどこかで貰ったようで
それを貰うことができLuckyでしたjumee☆peace2
  


スポンサーサイト

| 出来事 | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。