--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.08.29 12:28

 日にちが前後してるし、10日も経ってますが・・・

 19日(月)午前中はいつも通り仕事に行って

 午後からJR大阪の新しい施設 グランフロント大阪北館に入っている

 積水ハウスの【ダイアログ・イン・ザ・ダーク】に娘と体験してきました
            daiarogu

 真っ暗闇の世界を体験するもので、東京に既にあるそう

 私と娘、他の親子 お友達どおしの6人で暗闇の部屋へ案内されました

 はじめはどんなのだろうと興味津々 ワクワク感がいっぱいだったのですが

 少しずつ暗さに慣れていき いざ真っ暗闇になると

 明かりがついていない真っ暗とは全く違う暗闇にドキドキ

 足を半歩出すのも躊躇 壁を確認しながら前へ進むほど

 壁がなくなれば手が空間を彷徨うだけで 足だけの感覚と

 係の人の声を頼り 全く知らない人でも手を差し延べてくれる

 暖かさがすっごく有難かったです

 手や音だけで何かを確認するので、五感が研ぎ澄まされます

 普段いかに目の情報で動いているかを実感しました

 係の方は二人いましたが、どちらも視覚が不自由な方

 この部屋は既に把握しておられるので動きもテキパキ

 誰がどの辺にいるかを全てお見通しなのには感服しました

 ちょっと真面目~な話

 玄関を入って 敷居をまたぎ 和室に入ったり 縁側に座ったり

 場所が変わったというのは全て足先や裏の感覚だったので

 今バリアフリーが言われてる昨今 個人個人の立場によっては

 バリアフリーってどうなのだろうと考えさせられました

 恐がりの息子や興味のないボスも体験して欲しいものです






 今日もお付き合い頂きどうも有難う
 あなたの周りに沢山の笑顔が咲きますように

 
スポンサーサイト

| お出掛け | コメント(8) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。